旅行案内

ウズベキスタンへようこそ!

古代より現在に至るまで、ウズベキスタンの領域(ソグディアナ、ホラズム、マーワラーアンナフル)は、つねに、客人のために自らの土地を驚くほど開放している場所でした。商人や巡礼者の移動の安全と自由の問題は、どの王朝の支配者にとっても非常に重要なものでした。有名な「東洋のホスピタリティー」は、ここでは単なる言葉ではありません。これは、世紀を越えて今日まで伝わる、真の民族哲学です。

今日ウズベキスタンは、古代の史跡やシルクロードの町々を見学し、いにしえの雰囲気を感じるようにと、観光客を招致しています。サマルカンドのユニークな建築を満喫し、その栄えある歴史に浸ってください。太古から旅人の想像力を惹き付けてきたブハラの美しさをご覧になるでしょう。神秘的なホラズムとヒヴァ、ゾロアスター教の揺籃地を訪れてください。まさにここで、聖典アヴェスターの最初の賛歌が書かれました。

ウズベキスタンの歴史

ブハラ地方とフェルガナ地方で旧石器時代の石器と墓が見付かっています。

ウズベキスタンの無形遺産ベスト6:ホスピタリティ、文化、気候、伝統、料理、東洋的(伝統的)バザール

ウズベキスタンの都市トラベルガイド

タメルラン帝国の栄華を受け継ぎ、世界の科学の発展に貢献した中央アジアの優れた研究者たちの故郷である。ウズベキスタンの主要都市 サマルカンド、ブハラ、ヒヴァ、シャクリサブス...

シルクロード

シルクロードの歴史の始まりは、紀元前2世紀末まで遡ります。キャラバン隊商路のこのシステムは、15世紀以上に渡って存在し続けました。

ウズベキスタン・タシケント近郊のチンガンの山々

Dolores Travel 社は、お客様の夢の旅をご用意致します。快適さと便利さを重視されますか? そうでしたら、最高級ホテルが、お客様にご奉仕致します。吟遊詩人の冒険物語を体験なされたいですか? そうでしたら、星空の下での宿泊をご用意致しましょう。

ウズベキスタンへようこそ!

ウズベキスタンの多様な自然と、景勝地の豊かな組み合わせ―砂漠、草原、オアシス、渓谷―は、遊牧民と、オアシスに住む定住民の文化的相互作用の複雑なコンプレクスを生み出し、中央アジアの歴史を法則的に規定しました。このことは、賓客に自らの恵みと美しさを惜しみなく捧げる、ウズベクの大地の真の誇りです。草原と砂漠からなる平野は、ウズベキスタンの領土の3分の2を占めています。残りの部分では、肥沃な土地が、西天山山脈とギッサール・アライ山脈の山麓と山々に、やさしく囲まれています。

豊かな建築遺産と言えるのは、世界的に有名なメドレセ、モスク、霊廟、ハナカ(スーフィーの修道僧ダルヴィーシュのための宿泊所)、ハンマーム(トルコ風浴場)、キャラバンサライ(旅人のためのホテル)です。それらはミナレット、模様の施されたポータル(正面玄関)、円錐形ドーム、丸屋根のトルコ石で飾られていました。これは先祖から私たちに残された遺産です。チュルク人の王朝、ティムール(タメルラン)、ヒヴァ・ハーンなど、代々の中央アジアの君主たちが、息をのむような建築の傑作を生み出しました。それによって彼らは自分の名をとこしえに残し、ウズベキスタンにある遊牧民の宿営地に不滅の足跡を残しました。高く聳えようとするドームのモニュメント性、メドレセのポータルの優雅なアーチ、蒼穹まで届くがごときミナレットの屋根―これらが、もっとも印象に残る姿です。旅行者は、数百年の過去の非常に鮮やかな残響として、これを旅先から持ち帰ります。

ウズベキスタンの建築は、すばらしく美しい建物が特徴的です。例えば、キャラバンサライは、古代におけるホテルにたとえられます。馬、ラクダ、ロバの大キャラバンを連れた、疲れた旅人が、長い旅の後、ここに滞留することができました。

ウズベキスタンの文化は、読者を待ちわびる、東洋のおとぎ話の本のようです。