ウズベキスタンビザは必要ですか?(2021年時点)

ウズベキスタンビザは必要ですか?(2021年時点)

ウズベキスタンビザは必要ですか?(2021年時点)

ウズベキスタン共和国の法令により、外国人は入国ビザに基づいてのみ、入国、およびトランジットができます。

ウズベキスタン共和国のビザに関する詳細な情報は外務省の公式サイトにあります:https://mfa.uz/ru/consular/visa/

誰がビザなしでウズベキスタンを訪問することができますか?

誰がビザなしでウズベキスタンを訪問することができますか?

期間の制限なく、ビザなしでウズベキスタンを訪問できる国のリスト(以前は最大60日間):

 アゼルバイジャン

 ジョージア(グルジア)

 ロシア

 アルメニア

 カザフスタン

 ウクライナ

 ベラルーシ

 モルドバ

 

 

(注意!)キルギス国籍を持つ者は、ビザなしでウズベキスタンに滞在が許されるのは、60日間までです。

 30日間まで、ビザなしでウズベキスタンを訪問できる国のリスト:

30日間まで、ビザなしでウズベキスタンを訪問できる国のリスト:

 オーストラリア

 スペイン

セルビア 

 オーストリア

イタリア

 シンガポール

アンドラ

カナダ

スロバキア

アルゼンチン

ラトビア

スロベニア

ベルギー

リトアニア

タジキスタン

ブルガリア

リヒテンシュタイン

トルコ

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ルクセンブルク

 フィンランド

ブラジル

マレーシア

フランス

ブルネイ・ダルサラーム国

マルタ

クロアチア

バチカン

モナコ

モンテネグロ

イギリス

モンゴル

チェコ共和国

ルクセンブルク大公国

オランダ

チリ

ハンガリー

ニュージーランド

スイス

ドイツ

ノルウェー

スウェーデン

ギリシャ共和国

ポーランド

エストニア

デンマーク

ポルトガル

日本

イスラエル

キプロス共和国

 

インドネシア

大韓民国

 

アイルランド

ルーマニア

 

アイスランド

サンマリノ

 

以下の国については、2020年1月1日から30日間のビザなし入国が決定されます。

以下の国については、2020年1月1日から30日間のビザなし入国が決定されます。

アンティグア・バーブーダ

 メキシコ

 ニカラグア

セントルシア

バルバドス

グアテマラ

パナマ

バハマ

ベリーズ

ホンジュラス

 トリニダード・トバゴ

ドミニカ連邦

グレナダ

コスタリカ

エルサルバドル

セントクリストファーネイビス

ドミニカ共和国

キューバ

セントビンセントおよびグレナディーン諸島

 ジャマイカ

*ビザなしの制度は、これらの国の領土に永住する無国籍者には適用されません。

**ビザなしの制度は、ウズベキスタンに入国した日から30日間有効です。

*** 30日間のビザなし滞在の終了前に、外国人はウズベキスタン共和国から出国しなければなりません。

**** 30日間のビザなし滞在を超えると、ウズベキスタン共和国の外国人滞在に関する規則に違反することになります。

***** そして、ウズベキスタンに30日以上滞在する必要がある場合には、外国人はウズベキスタンに入国する前に、訪問目的に応じた、ウズベキスタン共和国への入国ビザを、所定の規則にしたがって取得しなければなりません。

****** 16歳未満の外国人の場合、保護者が同行し、IC(バイオメトリック)旅券を所持する場合には、同伴者のビザの有効期間中、ビザは必要ありません。しかし、入国から90日を超えることはありません。

 

ウズベキスタンの電子ビザ(e-visa)および通過(トランジット)ビザ

2018年7月15日より、ビザ制度を簡素化するため、特定の外国の国籍保有者を対象とした電子入国ビザ手続・発行システム(以下、e-visaシステムといいます)が運用されるようになりました。有効期間は30日です。申請者は、ホームページで申請書に記入しなければなりません。その後、申請者に、申請提出確認が電子メールで送信されます。申請者は、シングルエントリーの入国ビザに対して20アメリカドルの手数料を支払います。申請結果を受け取るまで3営業日待たないといけません。完成したウズベキスタンの電子ビザは、PDF形式で申請者の電子メールに送付されます。

 電子ビザは以下の国の国籍を持つ者に発行されます。

電子ビザは以下の国の国籍を持つ者に発行されます。

 アルジェリア

ホンジュラス

クウェート

サモア

 アンティグア・バーブーダ

グレナダ

ラオス

サウジアラビア
 

アルバニア
 

 ドミニカ共和国

レバノン

セイシェル

アンゴラ

エジプト

モーリシャス

セネガル

バハマ
 

インド

マケドニア

セントビンセントおよびグレナディーン諸島

バングラデシュ

イラン

モルディブ

セントクリストファーネイビス

バルバドス

ヨルダン

モロッコ

セントルシア

バーレーン

カーボベルデ

マーシャル諸島

ドミニカ連邦

ベリーズ

カンボジア

 メキシコ

米国

ボリビア

カメルーン

 ナウル

ソロモン諸島

ブータン

カタール

ネパール

スリナム

バヌアツ

 キリバス

 ニカラグア

タイ

ベネズエラ

中国

アラブ首長国連邦

 トリニダード・トバゴ

ベトナム

コロンビア

 オマーン

チュニジア

ガボン

朝鮮民主主義人民共和国

パラオ

ウルグアイ

ガイアナ

コスタリカ

パナマ

ミクロネシア連邦

ガーナ

コートジボワール

パラグアイ

フィジー

グアテマラ

キューバ

ペルー

 南アフリカ共和国

 

重要:ポータルから取得できるのは観光ビザのみです。電子ビザでは、30日間までのウズベキスタンへの1回の入国のみが許可されます。発行日から90日間有効です。

ウズベキスタンへの電子ビザの詳細については以下のリンクをご利用ください。

https://mfa.uz/ru/consular/visa/

ウズベキスタンの通過(トランジット)ビザ

ウズベキスタンの通過(トランジット)ビザ

ウズベキスタンのトランジットビザを取得するためには、観光ビザ取得のための標準的な書類のほかに、申請者はウズベキスタン大使館に、次の目的国のビザと、ウズベキスタンを出発する日付の入った書類(航空券あるいは鉄道切符)を提示しなければなりません。トランジットビザ申請の検討は、3日間でおこなわれます。

さらに、2018年7月15日より、ウズベキスタンは、世界54ヶ国の国籍を持つ者を対象に、5日以内の、ビザなしでのトランジット入国を導入しました。これらのいずれかの国の国籍を持つ者は、ウズベキスタンまでと、ウズベキスタンから第三国への、ウズベキスタン航空の航空券を持っている必要があります。

 

その国籍を持つ者に、ウズベキスタンへのビザなしのトランジット入国、一時滞在、出国が導入された国

 

アルジェリア

南アフリカ共和国

インド共和国

エクアドル共和国

アンティグア・バーブーダ

バーレーン王国

コロンビア共和国

赤道ギニア共和国

バハマ

 ブータン王国

コスタリカ共和国

セイシェル

バルバドス

モロッコ王国

モーリシャス共和国

 セントビンセントおよびグレナディーン諸島

ベリーズ

サウジアラビア王国

マケドニア共和国

セントクリストファーネイビス

ガボン共和国

タイ王国

ナウル共和国

セントルシア

カタール国

レバノン共和国

パラオ共和国

米国

クウェート国

モルディブ共和国

パナマ共和国

ベトナム社会主義共和国

 グレナダ

メキシコ

ペルー共和国

オマーン国

ドミニカ国

アルバニア共和国

スリナム共和国

チュニジア共和国

ドミニカ共和国

ベネズエラ共和国

トリニダード・トバゴ共和国

トルクメニスタン

中華人民共和国(香港を含む)

グアテマラ共和国

フィジー共和国

ウルグアイ

ガイアナ共和国

ホンジュラス共和国

フィリピン共和国

スリランカ

 

 

ウズベキスタンへのビザなし入国の権利がある国のリストに記載されていない国の国籍を持っている場合、あるいは無国籍者である場合はどうしますか?

ウズベキスタンへのビザなし入国の権利がある国のリストに記載されていない国の国籍を持っている場合、あるいは無国籍者である場合はどうしますか?

もしお客様の国籍が、ウズベキスタンへのビザなし入国の権利を持つ国のリストに記載されていない場合や、E-VISA.UZポータルを使った、簡素化されたやり方で自分でビザの手続きをされる場合、あるいは、お客様が無国籍者である場合には、ビザサポートを受けるために、旅行会社に照会する必要があります。

ビザサポートは、ウズベキスタン観光ビザの取得における協力のことです。その手続きができるのは、国家観光発展委員会の認可を受けた旅行会社です。そして、ビザサポートは、ウズベキスタン外務省の審査に送られます。

Dolores Travel Group社は、旅行会社の認可を受けています。国家観光発展委員会からの認可番号はNo. T-0271-01 、証明書はNo. UZ.SMT.02.361.011429です。この認可に基づいて、我が社は外国からの旅行者へのビザサポートサービスを提供しています。

 

ウズベキスタンのビザサポートを受けるには?

 

ビザサポートを受けるには、我が社に電子メールでつぎの書類を必ずご提出ください。

 

 ・パスポートのスキャンデータ(顔写真のあるページ)。パスポートの有効期限は、ビザの有効期限より3ヵ月以上長いこと。

 ・在職証明書(サイン、公印のあるもの)

 ・専用の様式へのご記入

 

ウズベキスタン外務省の申請審査期間は、通常申請で7労働日、緊急申請で4労働日です。後者の場合は、ビザ手数料が50パーセント高くなります。

 

審査結果にしたがって、ウズベキスタン外務省は決定を、大使館あるいは領事館に公電(テレックス)で送付します。そのあと、お客様に、問題の決定が無事済んだことをご連絡し、公電(テレックス)番号をお知らせ致します。お客様は、大使館あるいは領事館で、ビザ申請書、標準のパスポートサイズの写真、パスポート、公電(テレックス)番号を提出し、領事手数料を支払うだけです。

ビザ受け取りの際に、ウズベキスタン大使館あるいは領事館で、領事手数料を支払わないといけないことにご注意ください。(領事手数料の額は、国籍や滞在期間に応じて40ドルから200ドルまでです。)

 

注:独立したサービスとしては、ビザサポートを提供しておりません。

お客様が、我が社を通して、ウズベキスタン滞在期間すべてのホテル予約をされた場合に、ウズベキスタン観光ビザ取得のためのビザサポートを喜んでさせていただきます。

たとえ、ある町にご友人や親戚がいらっしゃる場合でも、我々が予約したホテルにご滞在いただく必要があります。まさにそのホテルが、滞在証明書の発行手続きをします。出国時、この証明書は注意深く調べられます。

* お客様が予約をキャンセルされた場合、すでに支払いが済んでいたとしても、すでにおこなわれたビザサポート手続きサービスは取り消しになります。

 

ウズベキスタンの観光ビザを延長するには?

観光ビザの有効期間を延長するには、期間が終わる10日前までに、ウズベキスタン内務省に出向く必要があります。内務省は以下の住所にあります。タシケント市シャイハンタウル区イスラム・カリモフ通り49a。電話番号は、 (+998 71) 232-68-70です。延長費用は、1次ビザ取得の費用と同じです。審査期間は、申請書提出後、10労働日です。

もしお客様の国籍が、ウズベキスタンへのビザなし入国の権利を持つ国のリストに記載されていない場合や、E-VISA.UZポータルを使った、簡素化されたやり方で自分でビザの手続きをされる場合、あるいは、お客様が無国籍者である場合には、ビザサポートを受けるために、旅行会社に照会する必要があります。

ビザサポートは、ウズベキスタン観光ビザの取得における協力のことです。その手続きができるのは、国家観光発展委員会の認可を受けた旅行会社です。そして、ビザサポートは、ウズベキスタン外務省の審査に送られます。

Dolores Travel Group社は、旅行会社の認可を受けています。国家観光発展委員会からの認可番号はNo. T-0271-01 、証明書はNo. UZ.SMT.02.361.011429です。この認可に基づいて、我が社は外国からの旅行者へのビザサポートサービスを提供しています。