ウズベキスタンの都市トラベルガイド

タシケント

タシケントはウズベキスタン共和国の首都であり、タシケント県の行政中心、中央アジアで最も人口の多い町でもあります。また工業、学術、文化の一大中心です。住民は多民族から成り、約250万人です。

サマルカンド

サマルカンドはウズベキスタン第2の都市であり、サマルカンド県の中心です。古代には、マラカンダと呼ばれていました。ソグディアナの首都でした。都市名の起源は今日まで不明ですが「サマル」は征服者の名前と考えられています。

シャフリサーブス

シャフリサーブスはカシカダリア県の中心であり、サマルカンドの南90キロメートルに位置します。ギッサール山脈とザラフシャン山脈の山麓にあります。人口は約6万人です。今日、町は多方面で発達しています。すなわち、農業、食品加工業、観光、伝統工芸などです。

ブハラ

ブハラはウズベキスタンの大きな町のひとつです。歴史的、文化的中心であり、観光の中心です。人口は約30万人で、多くの民族が住んでいます。

ヒヴァ

ヒヴァは、その全体を野外博物館と呼ぶべき町です。2500年の歴史を持ちます。

ヌクス

ヌクスは、カラカルパクスタン共和国の首都です。町はアラル海のそばに位置し、カラクム砂漠、クズルクム砂漠、ウスチュルト台地のあいだにあります。

フェルガナ

フェルガナはフェルガナ盆地の町で、タシケントから420キロメートルのところに位置します。

マルギラン

東洋の絹の都であるマルギランは、フェルガナの北15キロメートルに位置しています。人口は約20万人です。町についての最初の報知は10世紀のものとされています。

コーカンド

1790年から1876年までの間、コーカンドは、広大で威勢を誇ったコーカンド・ハン国の首都でした。

リシタン

リシタンはイシコル釉の産地です。陶器のユニークな彩色方法が行われる土地でもあります。

チュスト

チュストでは遠い昔から、女性は男性に家計を依存していません。女の子が大きくなるとすぐに、チュベテイカの縫い方を習得しました。

カルシは、

カルシは、ウズベキスタン南部の都市です。カルシの名前は、モンゴル語でХарш-хот、ウズベク語でQarshi / Қарши、 ペルシア語で نخشب / Nakhshab‎。